ビジネス通訳派遣 交渉から会議まで、台湾各地への出張や現地視察もサポート

 台湾各地(台中・台南・新竹・高雄・宜蘭・嘉義・苗栗・彰化・南投)への出張、商談、会議など、各種目的に応じて、ネイティブ(中国語話者)のビジネス通訳者、日本語・中国語通訳を派遣します。日本人通訳も在籍しています。
中国語以外にも、英語・台湾語・日本語など3言語以上の通訳も対応可能です。

 当社・台湾トランスは台北に事業所がありますが、日本からメール・電話でご依頼くだされば、出張などで台湾にご到着された際に、指定の時間・場所へ通訳を派遣いたします。

 半日〜1日だけの単発のご依頼はもちろん、長期間・複数回にわたる話し合いなどで、一貫して同じ通訳者を継続的に担当させることもできます。
契約交渉などでは、相互の担当者の顔や、それまで交渉の経緯を熟知しているほうが、通訳も潤滑となるかと思います。

■ チャリティイベントで訪台したイチロー選手はじめとするオリックス球団(当時)の通訳を務める当社代表・渡部。
(2000年 燦坤実業主催)

お見積もり・ご相談は無料です!

 通訳料金は条件に合わせて、お見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
半日を4時間、1日は8時間を基準とした計算になります。専門用語が必要な分野の通訳、イベントの司会者、同時通訳者など難易度に応じて価格は上がります。

同時通訳についてはこちら

中国語通訳料金

通訳内容・分野 一般的な分野の商談・会合レベル
(中国語←→日本語)
2時間(台北市内) 14,800円
半日(4時間以内) 18,000円〜
1日(8時間以内) 29,800円〜

 より気軽にご用命いただけるよう、台北市内2時間以内の割安料金も設定しました!
取引先へのちょっとした訪問や、店頭での商品買い付けなど、台北市内で1、2時間で間に合うようなケースにご利用ください。

  • 訪問先へのアポ確認、訪問後のあいさつメール代行も(訪問先1件まで)付帯サービスとして提供します。
  • 日本人通訳者や、英語通訳者は担当できる人材が稀少のため、価格が加算されます。

こちらのフォームから、お気軽にお問い合わせください

 台湾各地で開催される、会合や展示会場への随伴など、アテンド通訳派遣にも対応しています。 台湾に現地視察で訪れる際も、通訳が同行し、見学されたい施設などをご案内することもできます。
また、訪問先へのアポイント確認や、訪問後(帰国後)の先方へのあいさつメール取次ぎも、通訳サービスに付帯しますので、言葉の通じにくい相手との取引でも安心です。

 また分野に応じて、通訳するのに必要となる専門用語や専門知識は異なってくることもあります。 たとえば、電子機器・IT 製品の商談や、台湾での学会発表など、それぞれ要求される用語や語彙があるでしょう。
依頼内容に応じて、できる限り適切な通訳人材を選定し派遣します。

通訳 ご利用の流れ

▼ ご相談・ご依頼

メール・お電話にて、依頼要件をお知らせください。
その際、以下の情報をご提供ください。

  • 通訳する言語
  • 通訳の日時、場所、予定時間
  • 通訳する概要や分野
  • 通訳者の条件(性別、年齢、必要となる専門知識の有無 など)
  • 日本からの参加者数(人数が多いと団体通訳となるため)

専門用語・専門知識が必要になる通訳では、通訳者に事前に学習・リサーチさせるために、お客様に関連資料をご提供をお願いすることがあります。

派遣先や、人材のスキルによっても料金が変わるため、まずはお見積りをしてお返事いたします。

▼ お見積り

ご依頼内容・指定条件をもとに、料金を算定いたします。
当社から、メールにてお見積書・契約書をお送りします。

通訳者の交通費が発生しそうな場合は、予測金額を合わせてお知らせいたします。

▼ 確認・発注

当社へのご依頼が決定したら、お見積書の内容で正式依頼の旨をご連絡ください。
派遣する通訳者が確定したら、履歴書(資格・経歴・プロフィールなどのデータ記載)をお渡しいたします。

初めてのお取引の依頼者様には、まず予約金を、当社の日本にある口座にお振り込みお願いします。
予約金を差し引いた残金は、通訳者の交通費などと合わせて、通訳業務が完了してから清算・請求いたします。

万が一、キャンセル(派遣中止)される場合は、派遣日の4営業日前までにご連絡ください。
派遣する通訳担当者のスケジュールを押さえていますので、直前での取消しですと支払いが発生します。

▼ 打ち合わせ

当日の進行手順や、通訳上のご要望などを打ち合わせ。
またお客様との、待ち合わせ時間や集合場所など、仔細を申し合わせします。

依頼者との打ち合わせは当社スタッフが担当し、派遣する通訳者に伝達する方式です。
通訳者本人とは、通訳当日の 30分〜1時間前に集合して、直接のブリーフィングをされることが多いです。
通訳内容や手順が複雑であるなどで、通訳担当者と事前の打ち合わせが必要な場合はご要望ください。

▼ 当日

通訳担当者が待ち合わせ場所でお客様と合流し、通訳業務をいたします。

▼ 完了報告書の確認

担当した通訳が、業務を完了した旨、確認いたしますので、書類にサインをお願いします。

▼ 清算・請求

予約金を差し引いた通訳料の残金を請求いたします。
もし通訳者の交通費や、延長料金が発生している場合は、依頼者の承諾の上、その分を加算して請求いたします。

台湾トランス株式会社(台湾翻譯股份有限公司 Taiwan Trans Co.,Ltd)
■台北事業部 新北市中和區中山路二段299號11F-14 TEL: 886-2-2243-5553 FAX: 886-2-2243-5400
■日本連絡窓口 TEL: 050-5532-6899(IP電話にて台北事務所直通)