中国語の同時通訳・逐次通訳

同時通訳と逐次通訳の違い
 商談や打ち合わせのように、発言者がある程度、話したところでいったん区切って、そばにいる通訳者が言葉を翻訳していくのが逐次通訳です。
スピーチや講演のように、話している人・演者の話を止めたり、中断させたりができない状況で使われるのが同時通訳です。通訳者は、逐次通訳よりもずっと高度な技能が要求されます。

商談・打ち合わせ、視察に同行する通訳《逐次通訳》はこちら

▼同時通訳(日本語/中国語)を使った台北で開催されたセミナー

 同時通訳者は、話し手が喋っているのを聴いて、休むことなく翻訳しなければなりません。そのため、必ず通訳者2名以上が1組で行います。
もし、聞き取れなかったり、不明瞭な意味があっても、ステージで話している人を止めて確認したりはできないので、事前にスピーチや講演の原稿をいただいて把握しておくことが必須です。「同時通訳」というと、まったくその場の即興で通訳していると思われがちなのですが、話す内容を前もって知らせてもらい、あらかじめ準備をしています。
事前にしっかりした原稿やブリーフィング(内容の説明)がなければ、同時通訳は不可能です。


 当社が派遣・手配した同時通訳の様子です。同時通訳者は、このような専用ブースの中で通訳をします。通訳が翻訳した声を、聴衆・観衆はヘッドフォン/イヤフォンで聴くことになります。
そのため、同時通訳にはブースやヘッドフォン/イヤフォン等々の会場設備が必要になります。

台湾の同時通訳の費用(相場価格)

 同時通訳には、ブースなどの機器一式のレンタルが必要です。ヘッドフォンは来場者(聴衆)の人数分になるので、セミナーやディスカッションの規模に応じて変わってきます。
また、それらの機材・機器を会場までに運ぶ配送費と、設営費、および当日それを操作するオペーレーター1、2名のコストもかかってきます。

 一例として、台北で参加者100名規模、半日のイベントとして、同時通訳費用(機材レンタル含む)の概算は以下のようになります。
イベントの規模によっても変わりますし、内容によって通訳者に要求されるレベルも違ってくるため、別途お見積もりをいたします。

条件(会場:台北 / 参加者:100名 / 4時間)
同時通訳者(中国語/日本語)
2名・4時間
120,000円〜
機材一式レンタル費用
通訳者ブース、制御機器、マイク、ヘッドフォン(人数分)、
運送費(台北市内)、オペレーター1〜2名、設営費等を含む
300,000円〜
合 計 420,000円〜

 もしセミナーや講演自体は、仮に1〜2時間だったとしても、準備時間や待機時間も想定して半日単位になります。
また、前日などに、通訳者との打ち合わせやブリーフィングが必要になるので、その費用はまた別にかかってきます。

同時通訳の費用見積もり、お気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちらから

台湾トランス株式会社(台湾翻譯股份有限公司 Taiwan Trans Co.,Ltd)
■台北事業部 新北市中和區中山路二段332巷11號10樓 TEL: 886-2-2243-5553 FAX: 886-2-2243-5400
■日本連絡窓口 TEL: 050-5532-6899(IP電話にて台北事務所直通)