台湾の決済代行サービス 収納代行・コンビニ支払いの導入

台湾顧客向けのインターネット通販と決済方法

 台湾で、日本の製品や飲食品は非常に人気があり、強いブランド力を持っています。 台湾顧客をターゲットにした、通信販売・ネット販売に興味をお持ちの方も多いでしょう。

 すでに日本で、ネットショップ・ECサイトを運営している場合。
台湾顧客向けに障害になるのは、まず言語(中国語にしなければならない)と思われがちですが、それよりも問題なのは支払いです。

支払いが不便なせいで、台湾顧客を逃しているかも?

 もし運営しているネットショップの代金振込先が、日本の銀行口座だったら、台湾の顧客は日本へ国際送金しなければなりません。しかし銀行の手数料は高く、少額の取引には向いていません。
クレジットカード決済に対応していれば、海外の顧客でも支払いができますが、カード会社の為替レートが適用されるので、販売者が想定している価格より、高い金額になって引き落とされる問題があります。

 台湾カスタマー向けに訴求するのであれば、やはり台湾側に決済・集金の窓口を設けるのが確実です。

台湾で銀行口座を開設

 台湾に銀行口座があれば、台湾の顧客は、台湾国内に振込することができます。
口座開設は個人の事業主でも簡単にできる方法です。ネットの管理画面で、入金確認も可能です

 ただ問題点は、台湾の口座に貯まった金額を、日本側からは引き出せないことです。
定期的に台湾側から日本へ海外送金する必要があります。(管理画面では、国外への送金はできません)
※ 日本への送金は、当社で承ることができます。

銀行口座 開設サポート

収納代行・集金代行サービス

 台湾の決済代行会社と契約することで、台湾ドルでのクレジットカード支払いや、台湾のコンビニ店頭での支払いといった、下記の決済方法に対応できるようになります。

この方法でも、決済代行会社を経由して台湾の口座へ集金されるので、いずれにしても台湾に口座を開設する必要はあります

1、クレジットカード(収納代行)
台湾のクレジットカードのため、台湾ドルで決済でき、為替レート差が発生しなくなります。
2、コンビニ決済
3、ネットバンキング(入金)

※ 導入には、お使いのネットショップ、ウェブサイトに、自分で決済代行会社の API プログラミングを組み込みしないとなりません。

ネットショップ・ECモールへの出店

 日本でいえば「楽天市場」や「Amazon」のような、大規模 ECモール(インターネット通販ポータルサイト)に出店すれば、自前のウェブサイトを用意する必要がありません。決済システムも完備されています。

 台湾の最大手 ECモールは「PChome」や「Yahooモール(奇摩超級商城)」です。
ただ、台湾で法人登記していないと出店できません。
また、電話窓口(カスタマーサポート)の設置が義務付けられています。

 台湾での法人登記やコールセンター(電話カスタマーサポート)については、お気軽にご相談ください。

問い合わせ・ご相談 はこちら

台湾トランス株式会社(台湾翻譯股份有限公司 Taiwan Trans Co.,Ltd)
■台北事業部  新北市中和區中山路二段299號11F-14 TEL: 886-2-2243-5553 FAX: 886-2-2243-5400
■日本連絡窓口 TEL: 050-5532-6899(IP電話にて台北事務所直通)